sambaの最近のブログ記事

# mkdir /mnt/data/techprog

sambaフルアクセスの下に、アクセス権付きフォルダを作成します。

# chmod -R 770 /mnt/data/techprog

パーミッションは、一応グループにしておきます。

ちなみに、グループに関するコマンド

# groupadd techprog


# chgrp techprog /mnt/data/techprog

最後に、sambaの設定ファイルに追記する

sudo vi /etc/samba/smb.conf

#map to guest = Bad User          コメントにする

[TechProg]
   path = /mnt/data/techprog
    writable = yes
   create mode = 0770
   directory mode = 0770
   share modes = yes
   guest ok = no                # ゲストは不許可
   valid users = @techprog           #techprogグループのみ許可

ubuntu server 14.04 samba 新規ユーザー

| コメント(0)

 ubuntu ユーザーを作成します。

$ sudo adduser username

パスワードを設定するよう言われます。

次に、ユーザーの情報を入力するよう言われますが、エンターの連続でユーザー完成。

これで、「home」以下にフォルダもできています。

ちなみに、削除は、

$ sudo userdel username

sambaユーザーにします。

$ sudo smbpasswd -a username

パスワードの入力になります、ubuntuユーザーパスワードと違うパスワードでもいいんでしょうね^^。

ubuntu server samba パーミッション

| コメント(0)

RAID5、つまりマウントした「/mnt/data/」以下にsambaディレクトリを公開するが、

権限は、/mnt、/data、ともに「root」で大丈夫です。

パーミッションは、/mnt 755、/data 777

 

ubuntu server 14.04 samba フルアクセス

| コメント(0)

 インストールする前に、共有するフォルダをつくっておく。

sudo mkdir /home/share/server

sudo chmod 777 /home/share/server
 
sudo apt-get install samba
設定ファイル
sudo gedit /etc/samba/smb.conf
 
以下変更・追記箇所だけ
[global]
# setting character set                                                        
    dos charset = CP932
    unix charset = UTF-8
    display charset = UTF-8
 
   workgroup = ASJPGROUP
 
[officeserver]                   ←これがサーバーの名前として表示される
   path = /mnt/data
   writable = yes
   guest ok = yes
   guest only = yes
   create mode = 0777
   directory mode = 0777
   share modes = yes
 
 
sudo /etc/init.d/samba restart                   リスタート
 
sudo update-rc.d samba dafailts              自動起動
 
 
 
 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちsambaカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはpropftdです。

次のカテゴリはRAID5です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。