2016年2月アーカイブ

調べると、バグらしい・・・

/etc/init.d/proftpd

105行付近、

if [ -f "$PIDFILE" ]; then
      start-stop-daemon --stop --signal $SIGNAL --quiet --pidfile "$PIDFILE"
       if [ $? = 0 ]; then

これを修正してやるらしい。

下記、「retry」このあたりが書き替わってる。

if [ -f "$PIDFILE" ]; then
      start-stop-daemon --stop --signal $SIGNAL --retry 1 --quiet --pidfile "$PIDFILE"
       if [ $? = 0 ]; then

いまさらだけどメモ

update-rc.d は、 /etc/init.d/name へのリンクである

update-rc.d proftpd dafaults

これで、「/etc/init.d」に自動起動のショートカットができるらしい。

sudo /etc/init.d/samba restart                   リスタート

自動起動を止めるには

sudo update-rc.d -f <サービス名> remove

このアーカイブについて

このページには、2016年2月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年11月です。

次のアーカイブは2016年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。