2015年6月アーカイブ

Dovecotでpop3

sudo apt-get install dovecot-core dovecot-pop3d dovecot-imapd

sudo gedit /etc/dovecot/dovecot.conf

listen = *

sudo gedit /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf

disable_plaintext_auth = no

auth_mechanisms = plain login
 
sudo gedit /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf
 
mail_location = maildir:~/Maildir
 
sudo gedit /etc/dovecot/conf.d/10-master.conf
 
# Postfix smtp-auth
unix_listener /var/spool/postfix/private/auth
{    
      mode = 0666
      user = postfix     group = postfix
}
 
sudo gedit /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf
 
ssl = no
#ssl_cert = </etc/dovecot/dovecot.pem                          コメントにする
#ssl_key = </etc/dovecot/private/dovecot.pem              コメントにする

ターミナル
#initctl start dovecot
dovecot start/running, process 1337

sudo apt-get  install postfix sasl2-bin

sudo cp /usr/lib/postfix/main.cf /etc/postfix/main.cf
sudo gedit /etc/postfix/main.cf
 
mail_owner = postfix
myhostname = mail.server.world
mydomain = server.world
myorigin = $mydomain
inet_interfaces = all
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain
local_recipient_maps = unix:passwd.byname $alias_maps
mynetworks = 192.168.1.0/28, 127.0.0.0/8
alias_maps = hash:/etc/aliases
alias_database = hash:/etc/aliases
home_mailbox = Maildir/
#smtpd_banner = $myhostname ESMTP $mail_name (@@DISTRO@@)
smtpd_banner = $myhostname ESMTP
sendmail_path = /usr/sbin/postfix
newaliases_path = /usr/bin/newaliases
mailq_path = /usr/bin/mailq
setgid_group = postdrop
#html_directory =
#manpage_directory =
#sample_directory =
#readme_directory =
message_size_limit = 10485760
mailbox_size_limit = 1073741824
以下SMTP-Auth用
smtpd_sasl_type = dovecot smtpd_sasl_path = private/auth smtpd_sasl_auth_enable = yes smtpd_sasl_security_options = noanonymous smtpd_sasl_local_domain = $myhostname smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks,permit_auth_destination,permit_sasl_authenticated,reject

sudo /etc/init.d/postfix restart

 インストールする前に、共有するフォルダをつくっておく。

sudo mkdir /home/share/server

sudo chmod 777 /home/share/server
 
sudo apt-get install samba
設定ファイル
sudo gedit /etc/samba/smb.conf
 
以下変更・追記箇所だけ
[global]
# setting character set                                                        
    dos charset = CP932
    unix charset = UTF-8
    display charset = UTF-8
 
   workgroup = ASJPGROUP
 
[officeserver]                   ←これがサーバーの名前として表示される
   path = /mnt/data
   writable = yes
   guest ok = yes
   guest only = yes
   create mode = 0777
   directory mode = 0777
   share modes = yes
 
 
sudo /etc/init.d/samba restart                   リスタート
 
sudo update-rc.d samba dafailts              自動起動
 
 
 
 

Raidをを構築するとでるエラーらしい。バグ?

sudo gedit /etc/grub.d/10_linux

quick_boot = "1"  これを

quick_boot = "0"  にする。

 

sudo update-grub2   これで再起動^^

sudo apt-get install proftpd

スタンドアロン

FTPのポートの設定確認する

sudo gedit /etc/proftpd/proftpd.conf

自動起動設定

update-rc.d proftpd dafaults

 

念のため再起動

sudo apt-get install phpmyadmin

途中、「高度な知識をお持ちの方は・・・」だっけ?このメッセージの時は、「はい」を選ぶ

クライアントからアクセスすると、mcrypt拡張がありません。

これはバグらしので、

sudo apt-get install php5-mcrypt

sudo php5enmod mcrypt

sudo /etc/init.d/apache2 restart

ubuntu-server mysql

shopspat
0

mysqlを入れてみます。

sudo apt-get install mysql-server

mysqlの文字コード設定は追記します、

sudo gedit /etc/mysql/my.cnf

[client]

default-character-set = utf8

[mysqld]

skip-character-set-client-handshake

character-set-server = utf8

collation-server = utf8-general-ci

init-connect = SETNAMES utf8

[mysqldump]
default-character-set = utf8

[mysql]
default-character-set = utf8

 

mysqlの文字コードを確認してからphpの方を追記しましょう。

これで抜け防止になります。

ubuntu-server php5

shopspat
0

sudo apt-get install php5 libapache2-mod-php5

文字コードをUTF-8にするので、

sudo gedit /etc/php5/apache2/php.ini

こちらに追記する。

注)この文字コードの設定は、mysqlと合わせなければいけません。

追記する前に、mysqlを入れてみます。

sudo apt-get install mysql-server

mysqlの文字コード設定は追記します、

sudo gedit /etc/mysql/my.cnf

[client]

default-character-set = utf8

[mysqld]

skip-character-set-client-handshake

character-set-server = utf8

collation-server = utf8-general-ci

init-connect = SETNAMES utf8

 

mysqlの文字コードを確認してからphpの方を追記しましょう。

これで抜け防止になります。

[PHP]
...
;# phpのバージョンを表示しないように変更します。
;#expose_php = On
expose_php = Off
...
;# phpの実行時間を3000秒までにしています。
;# 必要に応じて設定しましょう。
;#max_execution_time = 30
max_execution_time = 3000
...
;# phpの最大メモリ量を128Mまでにしています。
;# 必要に応じて設定しましょう。
;#memory_limit = 16M
memory_limit = 128M
...
;# phpのアップロードの最大容量を20Mまでにしています。
;# 必要に応じて設定しましょう。
;#upload_max_filesize = 2M
upload_max_filesize = 20M
...
;# phpで使用するタイムゾーンを指定します。
;date.timezone =
date.timezone = Asia/Tokyo
...
 
[mbstring]
;# phpで取り扱うマルチバイト文字列は、どこの言語にするかを設定します。
;# ここでは日本を指定しています。
; language for internal character representation.
mbstring.language = Japanese
...
;# phpで取り扱うマルチバイト文字列のエンコードの文字コードを設定します。
;# ここではUTF8を指定しています。
;mbstring.internal_encoding = EUC-JP
mbstring.internal_encoding = UTF-8
...
;# phpで取り扱うマルチバイト文字列をhttpから入力された文字コードをエンコードする文字コードを設定します。
;# ここでは自動を指定しています。
; http input encoding.
mbstring.http_input = auto
...
;# phpで取り扱うマルチバイト文字列をhttpへ出力される際のエンコードする文字コードを設定します。
;# ここでは変換しないを指定しています。
;mbstring.http_output = SJIS
mbstring.http_output = pass
...
;# phpで取り扱うマルチバイト文字列をhttpから入力された文字コードをエンコードするかを設定します。
;# ここでは変換するを指定しています。
;# ここをONにしておくと、mbstring.internal_encodingで指定した文字コードへ変換します。
;mbstring.encoding_translation = Off
mbstring.encoding_translation = On
...
;# phpで取り扱うマルチバイト文字列をどの文字コードから判断していくか順番を指定します。
;# ここでは自動を指定しています。
; auto means
mbstring.detect_order = auto
...
;# phpで取り扱うマルチバイト文字列の無効な文字を代替する文字を指定します。
;# ここでは変換なしを指定しています。
;# 下手に変換すると混乱しますから、ここでは、変換なしが無難だと思います。
; one from another
mbstring.substitute_character = none;

ubuntu-server apache2

shopspat
0

sudo apt-get install apache2

公開ディレクトリを作成します(任意)。後から設定ファイルにこのディレクトリを書き込みます。

sudo mkdir /home/***/www

sudo gedit /etc/apache2/conf-enabled/security.conf

ServerTokens Prod

ServerSignature off

 

sudo gedit /etc/apache2/apache2.conf

ServerName OfficeServer  ←名前は任意

<Directory /home/***/www/>

Options Indexs FollowSymLinks

AllowOverride None

Require all granted

</Directory>

※ <Directory /var/www/>の部分はコメントにする。

sudo gedit /etc/apache2/sites-enabled/000-default.conf

このファイルにも公開フォルダを設定する。

chown apache:apache /home/*****/www

chmod -R 755 /home/*****/www

 

sudo /etc/init.d/apache2 restart

sudo gedit /etc/network/interfaces

auto lo

iface to inet loopback


auto eth0

iface eth0 inet static

address  192.168.1.*

netmask  255.255.255.0

gateway  192.168.1.1

dns-nameservers 192.168.1.1

 

以上以外は全て#(コメント)にする。

この設定は不安がありますw。DHCPが解除ならないことがしばしば。

このアーカイブについて

このページには、2015年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。