ISO/TS 16949 一般の最近のブログ記事

ISO/TS16949 2009年版

| コメント(0)

あっ、2009年版で認証登録なりました。

ISOTS16949 内部監査セミナー

| コメント(0)

今月セミナーに行ってきます。

私が代表で、後は自分が社内教育します。

 

ISO-TS16949 増設した規則

| コメント(0)
  • ネットワーク管理規則
  • 機密管理規則
  • 事業継続計画(BCP)
  • 総務規定
  • 文書管理規定に、電子データの管理入れた

ISOTS16949認証取得活動開始

| コメント(0)

TS認証取得延期も終わり、2016年取得に向けて再度活動開始です。

まずは、中長期・短期事業計画は必須。

これに、BCP(事業継続計画)、これがやっかいですね~。

自動車業界専用のBCPってあるみたいですね。

工場の耐震性も把握しないといけないみたいです。

これって、I社からアンケート来ました^^;。

まじで!これ調べるのか!?

不景気とISO

| コメント(0)

ISOって会社にとってそんなに邪魔か!? えー!社長さんよー!

・一度ISOを忘れてみてはいかかがですか?  自分の会社が考えるシステム、ルールを文書化してみたらいいですよ。  あるいは常に社内でISOに疑問を投げかけてる人がいたら、声を大にして「じゃーISOやめよう!」  そして「そのかわりとなる自社のシステムを考えようよ」って言えばいい。 ・そして作業にとりかかる  作業でつまずいたらきっと、ISOの要求事項が参考になりますよ。

ISO/TS16949 品質システム

| コメント(0)
ISO/TSと国内大手メーカー品質システムの考え方・・・・このギャップってなんなんだろう。。。国内メーカーはビッグスリーのような品質文化もってないぉ だいたい日本における工程能力の計算式とコアツールとは違うz あふぉー!

TSシステムと会社システム

| コメント(0)
とうとう経営者がTSの認証取得をあきらめた様子。 理由は、「職制のレベルの低さ?」 TSの認証取得に向けて私が訴えてきたのは、「会社とはどうあるべきなのか?」 「我が社ではどんな会社になりたいのか?またその為にはどうあるべきなのか」 「TSにこだわらず、みなさんに考えて欲しい、きっとそれがISOであり、TSだ」 経営者が模索し創めたと感じたのは今年度はじめ。 「TSをとるのは当面やめよう」、私は「ありがたいお話しです」と答えた。 今ではTS認証取得に向けて業務をしている時より忙しく、悩ましい。 実務が会社らしくなってほしいからだ。 会社利益とシステム、歯車がかみあって欲しいものだ。

ISOと実務

| コメント(0)
☆ISOが「分からない」、実務のトラブルが多くて悩んでいるが「どうしたらいいか分からない」、 会社が組織で仕事していない「なぜだ?どうしたらいい?分からない」 会社の実務に不満のある人、実務をうまくやるには・・・「分からない人」、トラブルが起こるとここぞとばかりに怒鳴りまくるがその後がない人等、会社にはさまざまな人達がいる。 私は、ISO/TSの要求事項を解釈すればきっとそこには、解決のヒントがあると思っている。 なにもISOを絶賛、推奨するわけではない。 自社なりのシステムを持ち運用している会社であればそれはきっと、自社のシステムに自信と 誇りを持ち、継続的に改善ができているのだと思う。 きっとISO/TSよりも、すばらしい自社システムがあるのだと思う。 「ISO/TSを取得できればそれでいいや」、「ISO/TSを取得すれば品質がよくなるのか?」 なんて言ってる社内の人を見かけると、じゃー「あなたの考えるシステムでやってみましょう」って 言いたくなる。 そんな人にかぎって「分からない、分からない」って言ってる。 業務のトラブルを解決したいと思った時だけ規格要求事項を良く読むことが、ISO/TSの理解 への近道のような気がするこのごろです。

ISO/TS16949タートル図解説

| コメント(0)
タートル図の混乱 書簡によって微妙な違いがあるので、教える側のとまどいを感じます。 コンサルタントの方によっても違います。 おそらく正解というのはないのでしょう。 ならば自分なりにルールを作りましょう。 7つの箱はもうみなさんご存知ですよね。 真ん中には、プロセス名/目的等です。 問題はインプットの箱とアウトプットの箱だと思います。 そこで、 インプット    内容    アウトプット このように表をひとつ設けます。 ここには、自プロセスで発生(インプット)して、自プロセスで終わる(アウトプット)を記載します。 そうです、品質記録の一覧表が完成します。 ためしてみてください。