IATF16949_実録の最近のブログ記事

ここが一番よかったです。

マネジメントは数値・プロセスオーナーとは数値を用意して議論します。

エクセルだけでは分析の限界があります。しかもエクセルを使いこなせるかと言う力量にも左右されてしまいます。

私はTS認証取得準備段階から、phpmysqlで構築準備していました。

今ではプロセスオーナーからとても喜ばれています。

経営者もこのたぐいのコストには何も口出ししません。自由にやらせてもらってます。

・IATF16949:2016  更新準備のため外部セミナーに行ってきました。

まずISO9001:2015年版のセミナー、

IATF16949:2016規格解説セミナー、

IATF16949:2016内部監査員セミナー

・今回セミナーで内容がよくなったと思うので規定作成者だけにこれ買いました。

と言ってアマゾンをここに貼るかと思いきや!貼る

・経費節約のために

セミナーは自分ひとりででかける。

その後内部セミナーを実施する。

内部セミナーのテキストなどは自分の組織にあてはめた解説をする。

自分は外部セミナーの資料をそのまま使用しないで自分の組織にあったように一から作成しました。

一からとはいっても、外部セミナーに行くのは理解する目的もあるが資料をもらうため^^;

よくまとめてあるセミナーもあればそれなりのセミナーもありました。

一旦PDFファイルにします。

次にORCを使います。

しめしめ、テキスト頂きです。