外観検査の最近のブログ記事

品質保証 外観検査見逃し対策 続編

| コメント(0)

★外観見逃しの対策書 ・見逃した人に原因をおくな

・外観検査の指導者は誰か?

・指導する基準書はあるか?

・指導書は外観検査員が受け容れているか?

・指導書通り作業されているか? 対策書は、「外観のやらせ方がまずかった」と言う観点から書いてみよう。

ここを誤ると再発します。 ここを履き違えると、ヒューマンエラーはゼロと言うパイロットのような 人間の管理をしないと成立しなくなるよ。

外観検査 見逃し対策はこうしろ!

| コメント(0)
・数年前、外観検査はまた後で。あれから何年たったろう?w ・今回書くきっかけになったのは、「いじわるテスト」なるものを対策書の中に書いてあるのを発見!  これはいかん!いかん! ・外観検査の土台はどうなってる?追求すべき外観工程とは?理想の外観工程とは?  答えは簡単、「ロボット」。  さて、本当にロボットで外観検査ができるのだろうか?  答えは簡単、「できない」。  ???  みなさんの社内、または顧客からこんな議論おこったことありませんか?  このような議論をする前に、外観検査のあるべき姿を理念に実践してみてはどうでしょう? ・じゃーあるべき姿ってなんだ?  大前提として、外観は人がやる! ・あるべき姿を箇条書きする前に一言  「いじわるテスト」、これが効果をはっきするのはあるべき姿が前提である。  これがないまま「いじわるテスト」をしても、生産に追われ、出荷に追われれば何の意味もなくなる。
あるべき姿 ・PPAPサンプルをじっくり観察して、良品を知ること。 ・社内、及び過去のクレーム現品(写真も可)を判断に迷わないようアルバム化すること。  そのアルバムは、始業時等いつでも閲覧可能なこと。 ・外観の、「動作」「環境」を「標準」化すること。 ・一定時間の出来高を標準化すること。(±誤差を設定すること)
内面 ・外観検査員に、迷わない検査をしてもらう。 ・過剰品質を叱らない。 ・前工程の不具合は、ロットでよせて別ラインで見ること。 ・出荷をいそがせない(標準時間は厳守) ・特に注意しながら見て欲しい時は、必ず数量を限定すること。
・管理監督者は、これらを頭において業務に当たることが重要です。 ・もし見逃しがあったならば、これらの何かが異常な状況下にあったと思われます。 ・全てがうまくいくはずもありません。  これらは、永遠に追求することになるはずです。 ・また、ぶっちゃけ「これくらいは・・・」と、流すこともあるでしょう。  それもまたしかたありません。管理監督者の能力が問われますが否定すべきことでもありません。  万が一のことを考慮の上腹をくくるのも管理監督者の役目です。  数量を定め、トレサビリティをしっかり把握し、ああああああこれ以上はやばいです。w ・管理監督者は、製品に絶対の知識が必要です。

・結構細かく書きましたがそれでも、それぞれの社風が出るでしょう。 ・何を頭におき、何をするのか?  しかしながら、土台となる理念?理想?あるべき姿は大きく変わることはないでしょう。