4.2.3 文書管理の最近のブログ記事

TS16949 4.2.3 文書管理 電子データ

| コメント(0)

機密保持からもこれらが重要になります。

電子媒体は、緊急対応計画に含めることになります。

法規法令で認められている「PDFファイル」を利用してどう管理するか。

個々のソフトウェアにパスワードが掛けられるか。

その前に、機密保持する文書はどんな文書があるのかと、製品データを電子ファイル化した時のファイル形式・保管を決めておかないといけませんね。

「社内サーバー」を設置しているのであれば、どのような方法でバックアップを採っているのか。

これが決めてになります。

製品データを電子ファイル化してるとやっかいですよね、最低11年は保管して、すぐ検索できるようでなければいけません。

11年製品データを保証できますか?今までは紙で書庫へ・・・膨大な場所を必要とします。

熱処理の試験片も膨大な量です。

ISOを認証取得して10年以上経ちましたが、ついにギブアップ!。場所がない、検索不可能www

市販のサーバーを使用していますが、安いサーバーなので信頼性が低いのです。

低い割に価格は高いですよね~、さらにサーバーソフトはマイクロソフト社^^;

以前からシステムを自分でプログラムしていることは書いてきましたが、そのついでにサーバーも自作。

高信頼性なサーバーです。詳細はここ

もし、市場クレームが・・・まずデータが無い方が負け。良品であったとしてもですよ!

4.2.3 文書管理

| コメント(0)
4.2.3 文書管理 ☆1次文書     品質マニュアル ☆2次文書     規定 ☆3次文書     コントロールプラン・工程フロー図・標準作業指導書・作業指示書             段取り手順書・測定機器操作手順書・SPC工程管理手順書             MSA実施手順書・その他さまざま ☆4次文書     計画書・指示書・連絡書・要求を明記したもの・その他さまざま ☆外部文書    JIS規格・他外部規格・引用する手順、要領・その他さまざま ●4次文書は、後に記録となるものが含まれる ●1次文書     旧版の保管期限 ●2次文書     旧版の保管期限 ●3次文書     旧版の保管期限 ●4文書       旧版の保管期限             指示している内容が終了してからの保管期限             記録になってからの保管期限 例 : 設備の定期点検票(点検項目と実施記録1枚の紙)  定期点検項目は指示されるので、4次文書  点検が終われば、記録 例 : 発注書(7.4.2 購買情報)  発注したものが入荷するまでは、4次文書  入荷をチェックしたものが、記録  記録は、保管期限に従う(難しくない)  4次文書の状態での保管期限は、各社の考え方で違う  記録をスリムにするには?  記録類の確認は、4次文書といっしょに考えよう ○プロセスのタートル図 上記を整理して、4次文書はインプット 記録になるものが、アウトプット 4次文書は、インプットの場合もあるし、アウトプットの場合もあり タートル図を作成するために役立つ