ISO/TS 16949 一般の最近のブログ記事

ISO/TS16949 2009年版

| コメント(0)
認証登録なりました。^^
ファーストステージっていろいろあるけれど、基本情報から ・人数等審査工数の決定 ・シフト(昼、夜、遅番、早番など) ・プロセスマップ ・要求事項とプロセスの関係 ・スコープ(範囲) ・CSR(TS認証取得必須と言っているメーカー) ・直近クレーム状況 ・直近内部監査の状況 ・タートル図 ・スコアカード 細かく書くとまだあるけれど、この変は悩む必要なし。 文書審査 ・TS16949必須要求事項の簡単な確認 ・その証拠文書 ・製品監査、製造工程監査など多数 ・パフォーマンス(継続指標) ・品質目標(年度特有の) ・マネジメントレビューの報告に抜けはないか これはぜひ読んでおきたい。 IATF承認取得・維持ルール第4版
なんと!みなさんビックリしたでしょ。 ファーストステージ終わりました。 詳細はまたあとで。
新しい記事は、上部リンクからお願いします。
TS認証取得延期も終わり、2016年取得に向けて再度活動開始です。 まずは、中長期・短期事業計画は必須。 これに、BCP(事業継続計画)、これがやっかいですね~。 自動車業界専用のBCPってあるみたいですね。 工場の耐震性も把握しないといけないみたいです。 これって、I社からアンケート来ました^^;。まじで!これ調べるのか!?

不景気とISO

| コメント(0)
ISOって会社にとってそんなに邪魔か!? えー!社長さんよー!
このたびメールマガジンを創刊致しました。 要求事項解釈とこれまでのブログを交えながら整理する意味で創刊に至りましたのでご覧ください。 無料メルマガTHE ISO
・一度ISOを忘れてみてはいかかがですか?  自分の会社が考えるシステム、ルールを文書化してみたらいいですよ。  あるいは常に社内でISOに疑問を投げかけてる人がいたら、声を大にして「じゃーISOやめよう!」  そして「そのかわりとなる自社のシステムを考えようよ」って言えばいい。 ・そして作業にとりかかる  作業でつまずいたらきっと、ISOの要求事項が参考になりますよ。
ISO/TSと国内大手メーカー品質システムの考え方・・・・このギャップってなんなんだろう。。。国内メーカーはビッグスリーのような品質文化もってないぉ だいたい日本における工程能力の計算式とコアツールとは違うz あふぉー!
とうとう経営者がTSの認証取得をあきらめた様子。 理由は、「職制のレベルの低さ?」 TSの認証取得に向けて私が訴えてきたのは、「会社とはどうあるべきなのか?」 「我が社ではどんな会社になりたいのか?またその為にはどうあるべきなのか」 「TSにこだわらず、みなさんに考えて欲しい、きっとそれがISOであり、TSだ」 経営者が模索し創めたと感じたのは今年度はじめ。 「TSをとるのは当面やめよう」、私は「ありがたいお話しです」と答えた。 今ではTS認証取得に向けて業務をしている時より忙しく、悩ましい。 実務が会社らしくなってほしいからだ。 会社利益とシステム、歯車がかみあって欲しいものだ。

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちISO/TS 16949 一般カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはAPQPです。

次のカテゴリはPHPです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。