7.4.1 購買プロセスの最近のブログ記事

PHPサプライヤー管理サンプル
ほとんどの管理をPHPシステム可しましたが、今回公開するのは一部です。
・社内にて、二重にデーター採りする必要はない ・○○さんのところからデーターはもらう しかし、これがなかなかうまくはいかない訳です。 ・二重データー打ち込みは無駄  しかし、○○さんのところのデーターは欲しい項目に欠けがある  あるいは、分析が欲しいものとは違う。  「○○さんお願いします」、「はっ!なんで?私が・・・」  「えっ!ちょっとエクセルのフォームかえればできるじゃん!」  「私できない!」「上司がやってくれない!」  あああ・・・
データーのアプローチって凄い大事なんです。物凄い時間の節約になるんです。
供給者及び購買した製品に対する管理方式と程度は、購買製品が、その後の製品実現プロセス又は最終製品に及ぼす影響に応じて定めること。 ★供給者 ・ 認定方法 品質システム・コスト等あらゆる面から評価する ISO9001を取得していなくとも認定する方法 監査によって認定する方法 ※自社では、監査によって品質システムのレベルを判断する能力が必要 ・ 再評価方法(1年間のパフォーマンス分析を含める) 供給者に対して、年間目標を示すことが一般的 TSらしくするには、年間目標をppmで示すとか ★購買製品 ・ 製品承認レベル PPAPをそのまま使うのは、現実的には苦しい(いろんな供給者がある) 顧客の要求があれば仕方のないことだから、ちゃんと支援することが大切 PPAP以外の承認方法を考えることも一つの方法 ・ 受入検査方法 供給者に負担を掛けない程度に、不良は受取らない受入検査が必要 難しいな! 厳しくすればきりがない

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち7.4.1 購買プロセスカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは7.3 設計・開発です。

次のカテゴリは7.5.1.3 作業の段取りの検証です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。