2008年3月アーカイブ

供給者及び購買した製品に対する管理方式と程度は、購買製品が、その後の製品実現プロセス又は最終製品に及ぼす影響に応じて定めること。 ★供給者 ・ 認定方法 品質システム・コスト等あらゆる面から評価する ISO9001を取得していなくとも認定する方法 監査によって認定する方法 ※自社では、監査によって品質システムのレベルを判断する能力が必要 ・ 再評価方法(1年間のパフォーマンス分析を含める) 供給者に対して、年間目標を示すことが一般的 TSらしくするには、年間目標をppmで示すとか ★購買製品 ・ 製品承認レベル PPAPをそのまま使うのは、現実的には苦しい(いろんな供給者がある) 顧客の要求があれば仕方のないことだから、ちゃんと支援することが大切 PPAP以外の承認方法を考えることも一つの方法 ・ 受入検査方法 供給者に負担を掛けない程度に、不良は受取らない受入検査が必要 難しいな! 厳しくすればきりがない
プロセスアプローチ(部門アプローチ)って難しい 規定の整合性、責任と権限、規定作成担当者と部門アプローチ意識

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13

このアーカイブについて

このページには、2008年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年2月です。

次のアーカイブは2008年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。