2008年2月アーカイブ

必要な規格は、 JIS B ***** ミツトヨ検査規格及び規格 A ・ B ・ C これらの規格で、実施する校正に対して、適用する規格を決める いよいよ校正手順の作成だ 点検・校正証明書の用紙を決めてから、手順を作成したほうが楽だ 環境はどう考えて手順化するんだろうなー 校正の環境(温度の影響) 測定器と部品の熱膨張係数が同じで、測定器と部品間の温度が同一ならば、 標準環境下でないくとも、標準環境下と同じ結果になる TSは、この理論の検証した結果が必要なのか?

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.13

このアーカイブについて

このページには、2008年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年1月です。

次のアーカイブは2008年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。